HINEMOS -時間に寄り添う日本酒- – HINEMOS|その時の、そばに。

新しい日本酒との時間をあなたに。
時間に寄り添う日本酒

HINEMOS

その時の、そばに。

お酒を飲む。あるときは、友人と。あるときは、恋人と。あるときは、仕事仲間と。そのタイミングやシチュエーションは様々。そしてお酒を飲む時間帯。夕方の少し早めの乾杯。メインディッシュを盛り上げる乾杯。終電が終わり、日が移り変わる深夜の乾杯。時間帯によってその時間を最高な瞬間に変えるお酒は違うと考えます。

HINEMOS」(ひねもす)とは「全ての時間」という言葉。HINEMOSがあなたの全ての時間に寄り添い、最高な時間を演出します。

"HINEMOS" close for all the time.

 

高いデザイン性

時間をモチーフにしたデザイン

「時間」というコンセプトがあるHINEMOSでは、グローバルで誰もが直感的に理解できるAMPM表記の12時間に着想を得て、ラベル、キャップ、キャップシール、パッケージの全て、「時間」をコンセプトにデザインしています。
 
 時間の流れに合わせてお酒を楽しんでいただきたいという思いを込め、時間帯を表す1時間の形(円弧)を瓶表面にデザインし、ブランドイメージを形作っています。外箱も時間を表現したロゴにマッチする円筒パッケージを採用。多くの方にギフトとしてもご利用いただけるようになりました。

 また、商品のサイズも500mlを基本とし、一人暮らしの女性の冷蔵庫に入っていても違和感のないサイズになっています。商品が誕生した当初から、デザイン面で考え尽くした商品をお届けしています。

ミシュランシェフも絶賛の
ペアリングにぴったりの日本酒

村田明彦シェフ

1974年、東京都生まれ。祖父がふぐ屋を経営していたことから料理人を志す。老舗日本料理店「なだ万」で13年間修業を積み、2005年「鈴なり」を創業。本格的なコースをリーズナブルに提供。予約困難な人気店となり、ミシュランの1ツ星も獲得。

 

ミシュラン1つ星を獲得した「鈴なり」のシェフ、村田明彦氏はHINEMOSについてこう語る。

 

「時間をテーマにした今までにない日本酒で、自分としてもチャレンジングな企画になりました。和食でありながら、フレンチの要素をとりいれた私の料理と、低アルコールで甘口からキレのある飲み口など、6種類あるHINEMOSをどう合わせるか。それを考えるのも面白かったです。」

横江直紀シェフ

1972年、愛知県生まれ。工業デザイナーを目指し勉強中、ふらっと立ち寄った本屋で何気なく手に取った料理本に感銘を受け、料理人を志す。イタリア料理に強く引かれ、イタリアに渡る。ミラノのサドレルなど、数店のイタリアンレストランにて修行、ヴェネツィアのRistorante RIBO にてシェフを務める。その後、数々の有名レストランにてシェフを務め、2010年麻布十番にてL'appartamento di NAOKI オープン。

 

イタリアで修行を積んだシェフ、横江直紀氏はこう語る。

 

「僕はカラーから料理をイメージすることが多いんです。HINEMOSのスマートなパッケージを見て、それぞれのイメージカラーを僕なりに解釈して料理に落とし込みました。思った以上に、日本酒とイタリアンがマッチしたのは、自分のなかでも驚きでした。食事の時間をより美味しく楽しくするために、お酒はとても重要。ぜひ美味しいものを食べながら、気持ちよく酔っ払ってもらえたら嬉しく思います」

飲んで欲しい時間帯がコンセプトのお酒。PM7:00にはSHICHIJIで乾杯を、PM10:00にはJUJIでデザートワインの変わりとなる貴醸酒で最高のフィナーレを・・。ペアリングの組み立てにぴったりな日本酒が揃っています。

※画像をクリックすると商品ページへ遷移します。

国際的な品評会で受賞など、
その高い品質が評価されています。

 

HINEMOSは、創業初年度から国際的な品評会で賞を受賞するなど、その高い品質が評価されています。

International Wine Challenge

イギリスのロンドンでおこなわれた International Wine Challenge, IWCにて、スパークリング部門のシルバーをSHICHIJIが受賞。純米大吟醸部門のブロンズをKUJI受賞。

Kura Master

フランスのパリでおこなわれたKura Masterでは、JUJIがプラチナを、NIJIがゴールドを受賞しています。

サケミラ日本酒大賞

国内では「酒を販売する酒屋ではない、消費者である日本酒愛好家が選ぶ「初心者に飲んで欲しい日本酒」のコンテストにて、推薦された50以上の銘柄の中から、SHICHIJIがブロック一位を獲得。審査はブラインドで行われましたが、デザインだけではないその美味しさが高く評価されています。

新感覚!
飲み会のスタートとしてぴったり!

かめかめさん(東京都・20代・男性)

はじめ、お米を使ったスパークリングと聞いた時に、日本酒のように強いお酒なのではないかと想像していました。しかし、アルコール度数は5%と低めで驚きました。


なんと言っても、香りと味がとてもおいしく、柑橘系のフルーティーな爽やかな香りとさっぱりとした味がして、本当にお米からできているのか?と驚きました!このお酒はこれまでの「お米のお酒は日本酒しかない」という概念を壊してくれる新感覚なおさけです!

華があって豊かな味わい、
爽快さも魅力!

ころころさんさん(島根県・40代・女性)

栓を開けるとブシュッ!かいでみると、グレープフルーツにも似た爽やかな匂いがします。飲むと、華やかな香りがふわっと広がって、奥行きのある旨味とともに心地よい発泡もシュワシュワ~。自然な甘みとフルーティーな酸味、舌にプチプチと刺激を感じながら、バランスの良いまろやかな美味しさに気持ちも満たされるよう。


白濁しているけどサラリとしていますね。試しに上澄みだけを味わってみると、スッキリとキレのある味わい。沈殿した澱を溶かすように瓶を動かすと、細かな泡が活発に立ち上っていくのが見えます。これを飲むとグッと芳醇な香りと旨味が増して、そうそうコレコレ!


紹介されていたペアリングも楽しみました。甘味・塩気・脂・スパイスとも相性が良くて、食事の始まりにピッタリ!爽快で軽い口当たりなので、飲むほどに美味しくてクイクイ進みますよ~。

 
甘すぎないので食中酒としてもおすすめ!アルコール度数も低くて飲みやすいので、日本酒の入門としてもイイですね。「SHICHIJI」は世界的なコンクールでも受賞歴あり。その美味しさは折り紙付きです。

※日本最大級のお取り寄せ商品レビューサイト、おとりよせネットに寄せられたレビューより、抜粋

この投稿をInstagramで見る

【しーたん日本酒録】  🍶HINEMOS 🍶 全ての時間に寄り添うお酒。  ✨SHICHIJI✨ 爽快で優しい純米スパークリング  ✨HACHIJI✨ フレッシュな酸味の白濁酒  ✨KUJI✨ 食事に寄り添う酸を感じる純米大吟醸  ✨JUJI✨ デザート酒のような濃厚な甘味  ✨REIJI✨ まるで花のような甘味の赤色酒  ✨NIJI✨ キレキレドライの純米酒  6種ラインナップを記念して名店シェフと織りなすプレミアムなペアリングフェアを期間限定で開催中🍽✨🍶  東京割烹「てるなり」 10月17日〜31日  イタリアン「ラパルタメント ディ ナオキ」 11月1日〜14日  どちらも試食させて頂きましたが、めちゃ美味しかった🥰 楽しいマリアージュをぜひ体感してね💕  #しーたん日本酒録 #唎酒師 #日本酒 #日本酒女子 #井上酒造 #てるなり #ラパルタメントディナオキ #ライスワイン #時間に寄り添う日本酒 #hinemos  #コンセプトがおもしろいんです #時間帯によって様々な日本酒 #hinemosとは全ての時間という意味 #最近はイタリアンやフレンチにも #日本酒を合わせるところが増えてきて #ホントにビックリするくらい合うからおもしろいの #秋の夜長にぜひ✨

緑川静香🐱Shizuka Midorikawa(@midorikawa_shizuka)がシェアした投稿 -

利用条件
お一人様一度だけご利用いただけます。
ご注文画面で、上の7桁のクーポンコードをご入力ください。
※コードをメモして控えるか、画面をキャプチャして控えると便利です。

▽テキストコピーはこちら▽

500HNMS

プレゼントとしてお送りするなら、リボンラッピングがおすすめです。ぐっと贈り物としての顔立ちになります。全ての商品につけていただくことができます。

昨今なかなか会いにいけない大切な方へ、想いが伝わるオリジナルアートメッセージカードを。メッセージ印刷サービスもあります(200文字以内)。

大切なひとのひとときを、より素敵な時間に演出します。

無料で追加できる、こだわりの円筒パッケージ。ギフトとして喜ばれること間違いなしです。シンプルで高級感のある洗練されたデザインとなっております。

※画像をクリックすると商品ページへ遷移します。

スタイリッシュなボトルが食卓に花を添えます。お酒を飲む時間をより良いものに変えます。

井上酒造 杜氏

湯浅俊作

1988年静岡県生まれ。新潟大学農学部卒業。
静岡県の志太泉酒造で5年間修行を積み、27歳で井上酒造の杜氏に就任。同年、国の認める唯一の利き酒の専門家「清酒専門評価者」の認定を受ける(認定者は令和2年現在国内に132名のみ)
テイスティング能力の高さを評価され、杜氏1年目にして全国新酒鑑評会の審査員に選任される。また、全国新酒鑑評会や東京国税局酒類鑑評会、能登杜氏自醸清酒品評会などのコンテストで数々の受賞歴を持ち、技術力の高さが評価されている。
立ち上げ当初からHINEMOSの開発に携わり、培ってきた技術に独創的な発想を掛け合わせて新たな日本酒の価値を探究し続けている。

 

自分たちが美味しいと思う日本酒を

HINEMOSでは、品評会で賞をとるような日本酒だけではなく「自分たちが美味しいと思う日本酒」を造ることを念頭においた商品展開をしています。

例えば、低アルコール日本酒。通常日本酒のアルコール度数は15%前後ですが、HINEMOSではSHICHIJIREIJIなどアルコール度数が5%の日本酒も醸造しています。低アルコール日本酒は造りに高度な技術を要しますが、女性にとっての飲みやすさや、乾杯にぴったりの酒を作る、というコンセプトをかなえるために挑戦を続けています。

8銘柄を展開していますが、味の違いがはっきりと分かるようなお酒になっています。ぜひ一度召し上がってください。」

株式会社RiceWine 代表

酒井優太

ライスワイン代表。新卒でリクルートに入社。Webマーケティング領域や海外駐在などで経験を積む。世界で勝負できる日本の伝統産業を模索し、2018年8月にRiceWine, Inc.を小田原にて創業。

 

日本酒をもっとシンプルに

「この想いから、 HINEMOSというブランドを立ち上げました。すべての人が日本酒を身近に感じることができるように” 時間帯でオススメの日本酒を飲む” というシンプルで、新しいスタイルの日本酒を提案いたします。」

可能です。カート画面の備考欄に、ご注文日から30日以内のご希望日付をご記載ください。それ以上長い期間の日付指定については、ご注文時にご相談いただけると幸いです。

時間指定が必要な場合は、以下の時間帯からお選びください。

・午前中(8時~12時)
・14時~16時  ・16時~18時
・18時~20時  ・19時~21時

年配の方が、大切な節目や締めくくりに向き合う時間と共にオススメしていますのが、「おもむきのとき」というセットになります。純米大吟醸のKUJI(9時)と純米吟醸のJUICHIJI(11時)、もしくはどちらか1本をオススメします。日本酒らしい甘美な香りと飲みやすさを兼ね備えています。日本酒好きなお父さまにオススメです。

※画像をクリックすると商品ページへ遷移します。

通常日本酒のアルコール度数は15%前後ですが、スパークリングのSHICHIJI(7時)、赤色酒のREIJI(0時)がアルコール度数が5%と飲みやすく、初めての方にオススメしています。

もしお酒に強いようでしたら、シーンに合わせたご提案もしているセット商品もございますので、商品選びのご参考にされてください。

間口の広いワイングラスなどで飲むことをオススメしています。間口が広いと香りをより楽しむことができ、取っ手から手の温度が伝わりづらいため、お酒を長い時間冷たいまま楽しむことができます。

HINEMOSICHIJI(1時)以外は冷やして飲むことを前提に造っております。ICHIJI(1時)は、常温でも温めても美味しくお召し上がりいただけます。

SHICHIJIはスパークリングですので、決して振らないでください。5秒くらいかけてゆっくりと、1度逆さにしてから開栓してください。

※画像をクリックすると商品ページへ遷移します。

迷ったら、人気No.1の低アルコール/新感覚のSHICHIJIREIJIがオススメです。

パーティーであれば「甘いひととき」「晩餐のとき」など複数本揃ったセットをぜひ。単品で買うより10%オフ、さらに送料無料でお届けします。

ギフトであれば、好みに合わせやすい甘口と辛口が揃う「うつりゆくとき(甘辛セット)」がオススメです。

利用条件
お一人様一度だけご利用いただけます。
ご注文画面で、上の7桁のクーポンコードをご入力ください。
※コードをメモして控えるか、画面をキャプチャして控えると便利です。 

▽テキストコピーはこちら▽

500HNMS